2008年8月アーカイブ

PSPとCFW その4

| トラックバック(0)
その3で、CFWよりUSBの接続先をUMDにして、ゲームをISOファイルとして取り出せると書きましたが...

実際に無双オロチで遊んでいたら、特定のステージをプレイしようとすると、ロード時に異常終了する(画面が真っ暗になり、電源が勝手に落ちる)ことがわかりました。

検索してみるとこんな情報が。

livedoor したらば掲示板
NP9660(SONY公式)検証 - Emu on PSP掲示板

ってか、2ちゃんねるの掲示板かと思ったら、なにこれw

ともあれ、そこの327の情報は

無双OROCHI
ファイラーで吸い出せばエラーなしです。
NEWUMDDUMPERはダメみたいだが
スターリングとかで1A25F108の09を07に書き換えればOKだったよ
とのこと。

私の場合はNEWUMDDUMPERじゃなくて、CFWから直接ISOを取り出したわけですが、上記のアドレス書き換えで、無双オロチの特定のステージも異常終了せず遊べるようになりました。

説明にあるファイラーっていうのはこれのことみたいです。
PSP filer

そーなんですね。

PSPとCFW その3

| トラックバック(0)
先にこっちを書いちゃお。 ということで、その2がないじゃない~ とかつっこまないようにw

CFW4.01M33-2 1.5Addonで何ができるの?ってことですが、私が試したのはこれ。

snap012.png

まず、ノーマルのXMBではパソコンとUSB接続した際にメモリスティックとの接続になりますが、CFWでは接続先をUMDにできます。
それをパソコンでみるとISOとして認識するので、そのままパソコンへコピペ。

で、パソコン側に落とし込んだら、今度はPSPのメモリスティックに接続しなおし、ルートにISOフォルダを作成。

その中にISOファイルを転送してやれば、XMBのゲーム>メモリースティックからそのゲームを起動できるようになります。
注意点としてはISOのファイル名に日本語を使わないことかな。

snap001.png
(わっちカワイイヨわっち)壁紙はPSP壁紙 by crackからいただきました。

ちなみにUMDと比べてロード時間が高速で、無双オロチの場合は途中のロードに10秒ぐらいかかる場面がメモリースティックだと1秒です。

メモリースティックの容量が大きければ、ゲームをいくつも持ち歩けます。
(私が使ったメモリースティックはSanDisk Ultra II 8GBです)

snap000.png

あと、このPSPのスクリーンショットはCFEっていうのを使いました。
♪ボタンとスクリーンボタンを同時に押すので、ゲーム中の画面は撮影が難しいです(汗)。

あとは。
ファームウェア 1.5 をアドオンしたことで、エミュレータなんかも使えます。

Kieta Princess0002.png Kieta Princess0000.png
NesterJ for PSPで消えたプリンセスのスクリーンショット。
なぜでしょう? 私はこのゲームが好きなんですよねw

NesterJはファームウェア 1.0のソフトなので、PBP Makerっていうのを使ってNesterJの実行ファイルを1.5用に変換する必要があります。

他にもスーパーファミコン用のエミュレータなどあるし、ONScripterなどもあるのでPSPが一段と使えるゲーム機になるなぁと実感しました。

最近のPSP-2000はハード的にCFWを入れさせないような改造が加えれたみたいなので、やってみたいと思っている人は新しいPSPを買わないようにしませう。
ええと。
これは恥ずかしい話なのですが、多くの人に知らせなければいけないのではないか? という使命感で書かせていただきますw

そう。
あれは1年半ぐらい前のことでしょうか。

座って仕事をすることが多かったからかもしれませんが、お尻に汗をかいていたんですね。
で、妙に肛門周辺が痒いと感じた日がありまして。

肛門そのものっていうよりは、肛門の半径3cmぐらい?
バリバリと掻いてしまったんです。

当然、掻いているうちは気持ちがいいわけですが、その後、妙にお尻が湿っぽいことになってました。
掻きすぎて皮膚を傷つけ、血小板がにじみ出る状態になってしまって(汗)。

そこからが地獄の始まりです。

お尻の谷間?がそんな状態なわけですから、ビリビリと痛痒いところに、お尻のお肉同士がくっつくわけですよ?!
えらいこっちゃですw
とりあえず、お尻の谷間にティッシュを挟んで、お肉同士がくっつかないようにしました。

それから薬探しの日々www

まず1つ目がオロナインH軟膏~
こいつは汎用的な傷薬ですから、いけるんじゃね? と思い塗ってみました。
塗った場所はポッと暖かくなり、痒さも多少やわらぎます。
ですが、傷が治ってくるにしたがって痒さが辛くなってくる~
「ちょっとだけよ」と掻いているうちに、また血がでるほど掻いてしまい、元に戻ってしまいました(汗)。

2つ目に試したのはメンソレータム。
緑のアレですね。
傷口などに使う薬だし、かつ痒みにも効果がありそうで期待大でした。
使ってみると、スースーして気持ちいい。
「これはいけるんじゃね?」と使い続けました。
しかし、傷が治ってくるにしたがって、やっぱり痒くて仕方がない。
メンソレータム自体がいつまでもベタベタしていて、お尻のような肉が重なる場所では厳しいみたいです。
結局また掻いてしまって、元通り(汗)。

3つ目に試したのはメンソレータムAD。
メンソレータムのクリームタイプです。
メンソレータムで直せそうな感じがあったのですが、ベタベタがよろしくない。
クリームならどうよ?
そんな感じで使ってみました。
で、これはスースーしません。オロナインH軟膏のように、塗った場所が暖かくなります。
痒みもおさまるし、ベタつきも少ない。
ですが...
やっぱり直ってくるにつれて増してくる痒さに耐え切れず、失敗に終わりました。

4つ目はデリケアM'sという塗り薬。
デリケートな部分の痒み・かぶれを治療する男性用の薬です。
「こういうのが欲しかったんだよ、俺はw」
と使ってみると、スースーして気持ちいいし、塗った後にさらっと乾燥するのでイイ感じ。
ところが!
すぐにさらっと乾燥するからなのか、効果の持続時間が短い...
なので直りきらずにやっぱり失敗しました。

5つ目はメンソレータムフレディメディカルジェルAという塗り薬。
こちらは女性用?
お尻がこんな状態になってからすでに1年は経過していたので、藁にもすがる気持ちで使ってみました。
結論から言うと... 私のお尻にはデリケアM'sと大差なかったようです(汗)。



で、いまこんな話を書いているということは!
直ったんですよ、お尻がぁwww



6つ目の救世主はテレスHi軟膏!
こんな説明書きが。
『皮膚がかゆくなると、我慢することができなくて、ついつい掻いてしまうもの。でもこの「ついつい」を繰り返していると、皮膚の炎症やはれはひどくなり、さらにかゆみが強くなる、そしてまた我慢できずに掻き壊す、という「掻き壊しサイクル」を招くことになります。テレスHiはこのような「掻き壊しサイクル」の状態になってしまった、つらい症状にもよく効きます。』

テレスHi、おまえはすごいヤツだぜ。
1年以上も苦しみ続けた痒みが、4日ほどで完治~

インターネットで調べたところによると、ステロイド(抗炎症成分)が効いたようです。
デリケアM'sやフレディは非ステロイド系でした。
あと、ステロイドは効きが早いので、直ったと思ってすぐに使うのをやめてしまうとよろしくないようです。
とりあえず1週間ほど使っていますが、もうお尻の皮膚の状態は健康そうな感じです。

なんだかあっさり直ってしまって、いままでの苦労はなんだったのか(汗)。

健康ってすばらすぃ~ ありがとうテレスHi~

Movable Type 4.2rc5

| トラックバック(0)
いつのまにrc5になったんでしょう?
新しいのが出ていると気づくと、とにかく切り替えずにはいられないんですよねぇwww
とりあえずrc2→rc5にアップデートしました。

やり方はrc2のときと同じなので、とくになにもなく。

しかしそれだけだと何も書くことが無いので...

  1. MT-4_2-ja.zipをダウンロード
  2. unzip MT-4_2-ja.zip
  3. mv MT-4.2-ja public_htm/cgi-bin/movabletype42
  4. cd public_html/cgi-bin/movabletye
  5. cp mt-config.cgi ../movabletype42
  6. cd ..
  7. chmod 777 movabletype42/mt-static/support
  8. mv movabletype movabletype42rc2
  9. mv movabletype42 movabletype
  10. webからログイン画面へ
  11. アップデートを実行

rc5はセキュリティアップデートみたいですが、rc3~rc4はなんだったのかなぁ(汗)。
こんなの発見した。

やばいw 動きすぎwww
普通に歌わせてやれよといいたい。


こちらはシェリル・ノームの歌をやってるMay'nさん。

PSPとCFW その1

| トラックバック(0)
えと。
PSP-1000を持っているのですが、オークションを見ていたら無性にPSP-2000が欲しくなってw

で、オークションで落札したかわりに、いままで使っていた1000の方を出品しようかなぁ~ とか考えていたら、CFWなんていう単語を目にしてググってみたのが始まりでした。

PSPはゲームを入れずに電源を入れると、XMB(クロスメディアバー)が表示されます。
これはPCでいうOSみたいなもので、音楽、動画、ゲーム、インターネットなどの機能を提供しているのですが、FW(ファームウェア)という形でPSP本体に記録されています。

で、MicrosoftのWindowsじゃありませんが、なにか不具合があったり改善があるとこれを更新するわけで、新しいゲームはファームウェアのバージョンがx.xx以上じゃないと遊べないなんていう制限もあります。

そんなわけで普通にゲームしている人は新しいゲームを買うたびに、普通にファームウェアをバージョンアップするのですが...

実はこのファームウェア。
バージョンアップするごとに規制(制限)が厳しくなってるみたいなんですね。
初期のバージョンでは自作のプログラムなどを動かせちゃうようなものだったらしく、現在のバージョンではそういうことはできないと。

そうなると、初期のバージョンにダウングレードしてみたいと思うわけですが、そういうことをさせないためにSONYさんもファームウェアに制限を加えていくわけで。

気づいたときには
「もうダウングレードできねぇ~じゃん。 つまんね~の」
なんてことになります。

仮になんとかダウングレードできたとしても、今度はPSPの新しいゲームがバージョンx.xx以上~ の縛りで遊べなくなる。

そこで登場するのがCFW(カスタムファームウェア)。
昔の自由な環境を残したまま、バージョン自体も上げることができる~ そんなCFWを配布してくれる人が世の中にいるんですねぇ。

で、問題はどうやってCFWを入れるのよ? というところになるのですが、そこで出てくるのがパンドラバッテリーという代物。

普通のバッテリーと違って、PSPにこのバッテリーをセットすると、セットした時点でメンテナンスモードで起動するみたいなんです。

通常のバッテリーはセットしていてもなにも起きません。
電源(POWER)をONするとXMBが立ち上がり、ゲームができるわけですが、そもそもXMBが立ち上がってしまったら手遅れなんですよね(汗)。
だって、悪いことをさせないための規制がかかったXMBなんですから。

これがパンドラバッテリーだと、セットした時点で電源(POWER)をONしていないのに、勝手に電源が入ります。
それと同時にPSP本体のXMBは起動せず、メモリスティックにあるFWを起動する動作がハード的に行われるんですね。

ということは。

メモリスティックにCFWと、それをロードするためのプログラムを入れておいて、パンドラバッテリーで起動したら...

そう、それがPSP本体に入れられるわけですね。

ちなみにパンドラバッテリーというのは実は総称で、ジグキックバッテリーとマジックメモリースティックの2つを指すらしいです。
私の説明だとジグキックバッテリーのことをパンドラバッテリー、マジックメモリースティックのことをCFWなどを入れたメモリースティックと表現しています。

上記説明を読んできた人はわかると思いますが、ようするにマジックメモリースティックなんていう製品はないです。
ジグキックバッテリーは普通のバッテリーから作ることができますが、作るためにはFWを1.5にダウングレードするか、CFWを入れたPSPが必要になります。
で、強制的にダウングレードしたりCFWを入れたりするにはジグキックバッテリーが必要で。
ようするにジグキックバッテリーは普通に考えて「作れない」わけです。
ですがこちらはAmazonやYahoo!オークションで買えますので無問題。

pandra battery.jpg

ということで落札してみたのが写真のメモリスティック4GBとパンドラバッテリー。
私は3,100円で落札したんですが、運がよければ2,500円前後で落札できそうです。

あとからわかったんですが、このメモリスティックは偽物でした(汗)。
それでも使えるものだったから文句はありませんが...

詳しくはまた次回www

他がために

| トラックバック(0)
べ、べつにあなたのためじゃないんだからね!

女性、子どもは読んじゃダメ。
コトリバコ


作り話だと思うが、前半は面白かった。
ハム速 2ろぐ:今日、葬式だったんだがwwwwwwwwwwwww
YahooMovie.jpg

夏といえばこれでしょうw

戦慄! 真夏の夜の怪談特集2008
Yahoo!動画で毎年やってます。

時間があるときにビール片手に楽しむとしましょう。

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。